ゴールデンハムスターの性格は温厚?やさしい人懐っこい小動物です!

ゴールデンハムスターを飼育して10年になるヘラルです♪

この記事では、ゴールデンハムスターの性格について、私の体験談を元に書いています。

ごゆっくりと呼んでいただければと思います(^^)




ゴールデンハムスターの性格は?

初めてハムスターを飼う方に。

もしあなたが、

ハムスターを初めて飼おうかなー。

 

どの種類のハムスターがいいかなー。

って思ってるなら、ゴールデンハムスターはおススメですよ(^^♪

理由は、ゴールデンハムスターって身体が大きいわりにはとても、温厚な性格だからです。

私の経験上、温厚というよりかは〝びびり〟な性格のようにも思えます。

けっこう気弱なんですね~。

もちろん、ゴールデンハムスターにもいろいろな性格を持っています。

一概には言えませんが、私が過去、多くのゴールデンハムスターを飼ってみた経験上、

温厚でちょっと気弱なゴールデンハムスター

が多かったですね。

そんな〝びびり〟ゴールデンハムスターのエピソードをお話しすると、、

お迎えした当初、ペットショップから家までハムスターを箱で持ち帰り、いざケージへ移そうと思っても、〝びびり〟すぎて、なかなかケージへ移ろうとしません。

いやだー!いやだー!

と頑なにケージに入ることを嫌がります。

なので、しばらく箱のフタを開けたままにして、ケージに置きました。

すると10分後ぐらいたってようやく、鼻をクンクンさせながらちょっとづつ箱の外へ出始めました。

しかし、鼻をクンクンさせながら前進、後退、前進、後退を小刻みに繰り返しながら、慎重でした。

その動きがまるでリズムに乗っている感じがしてとても面白かったです(笑)

ようやく箱からでてケージに移ったゴールデンハムスター。

私は、当時あまりハムスターの飼育知識がなかったため、すぐに触ろうとしました。

すると、、

ドドドドドーーー

とかなり驚いた様子で、ケージ中を逃げ回りました。

身体は大きいので、ケージ中を逃げ回るゴールデンハムスターは豪快でした。

なので、ハムスターの大好物である〝ひまわりの種〟を1粒つまんで、ゴールデンハムスターに近づけました。

すると、お腹を空かせていたのか、行動が落ち着いて、鼻をクンクンさせながら〝ひまわりの種〟へ近づき口で加えて両手でバリバリと食べてくれました(^^♪

どうやらお腹が空いていたようです(笑)

と、やたら面白いのがゴールデンハムスターです♪

ゴールデンハムスターが鳴くところは見たことないし、温厚な小動物なので初めてハムスターを飼うって人にはオススメです。

ゴールデンハムスターの性格は、喜怒哀楽が他のハムスターの種類と比較して喜怒哀楽がはっきりしています。

ハムスターの顔を見れば、いま飼い主に何をしてほしいのか?

だいたい分かってきます。

例えば、うれしいの表情はどことなく〝ウキウキ〟してる表情になります。

悲しいときは、悲しそうな顔で飼い主を見つめてきます。

だいたいは〝おやつ〟を与えない時に、悲しい表情をします。

怒っている時は、目が逆三角形になり、いかにも

僕は今怒っているだぞ!

という表情をします。

怒っている時は、だいたいがケージの掃除をしたとき。

散らかされたケージ内を月1回はピカピカにします。

掃除されてピカピカになったケージ内を見たゴールデンハムスターはいつも怒っています。

たぶん、一生懸命貯蔵したエサやお気に入りのふとんを捨てたので。。だと思います(笑)

まあ、数日もすると、エサを貯蔵し、新しいふとんもお気に入りになるので怒りはおさまります。

そんな感じの性格なんです。

けっこうおもしろいですよ(^^♪

ゴールデンハムスターは噛まない?噛む?

私が飼っているゴールデンハムスターは噛まないですね。

甘噛みはしてきますが、強く噛まれることはないです。

私は、ゴールデンハムスター以外にも過去、他の種類のハムスターも飼っていました。

けっこう強く噛まれた記憶のあるハムスターは、

ドワーフハムスター

です。

あの小柄で大福みたいなハムスター。。

小柄なのに、けっこう性格は荒いんですよね。。

一方、ゴールデンハムスターは身体がでかいですが、飼い主に懐きやすい。

ちゃんとした飼い方をしていれば仲良しになれるので、強く噛まれることもあまりないでしょう。

ゴールデンハムスターが暴れる時は?

私の経験上、ゴールデンハムスターが暴れる時は、ケージの掃除をしている時。

ケージの掃除をしている時は、ゴールデンハムスターを別の容器に入れて待ってもらっています。

その時の暴れぶりは飼い主側が〝びびり〟ます( ゚Д゚)

しかも、〝ぴょんぴょん〟跳ねるときもありけっこう塀の高い入れ物でないと脱走されます(笑)

脱走すると、逃げ足が速いんですよね。。

ふだんのストレスを発散すかのように、逃げまくり、タンスの隅や、ベッドの下なんかに逃げ込まれたら、なかなかでてきません。

なので掃除する時は、ゴールデンハムスターが暴れる時は脱走しないか?注意したほうがいいです。

最後に。

今回は、ゴールデンハムスターの性格について、私の体験談を元に書きました。

ゴールデンハムスターの性格も厳密に言えば、様々なので私の体験談がお役に立てれるのか?

はわかりませんが、参考にはなると思います♪

でも、飼い主に懐きやすいのゴールデンハムスターであることは経験上、間違いありません。

どの種類のハムスターをお迎えするのか?

検討してみてくださいね(^^♪

では。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。